ご寄付のお願い

本学園は、皆様からのご寄付を、未来に託す子どもたちの教育が充実するよう活用しています。
社会の健全で平和的な発展に貢献する学園を目指す取り組みをご理解いただき、ご支援頂きますようよろしくお願い申し上げます。

通常の寄付

ご寄付いただく際に使途をご指示いただき、皆様のご意向に沿った形で使用させていただきます。お申込みにあたっては、下記へお問い合わせください。

遺贈による寄付

本学園では、ご自身の築いた財産の一部を本学園へ寄付し、社会貢献を図りたい方のために、「遺贈による寄付制度」を設けています。これは信託銀行との提携のもと、遺言書によって本学園への寄付をお申し出いただく制度です。未来を託す子どもたちの教育が充実し社会の健全で平和的な発展が実現するよう、ぜひこの制度をご活用頂き、本学園にご支援賜りますようお願い申し上げます。お申込みにあたっては、下記へお問い合わせください。

税制上の優遇措置

本学園への寄付は、税制上の優遇措置の対象となります。

1. 個人の場合

本学園は文部科学省より税額控除対象法人の証明を受けているため、個人から本学園への寄付金は所得税の寄付金控除の対象となります。
控除には「税額控除」と「所得控除」の2種類があり、確定申告の際にいずれか一方の制度を選択することとなります。
控除額は、個人の所得金額や税率、寄付金額等によって異なりますが、所得税率に関係なく所得税額から直接控除される「税額控除」の方が、多くの場合において減税効果が大きくなります。一方、「所得控除」は、所得控除をおこなった後に所得税率を掛けるため、所得税率が高い場合において減税効果が大きくなります。

制度 控除額
税額控除 (寄付金額 - 2,000円)× 40%
※ 寄付金額は年間総所得額の40%、控除額は所得税額の25%が上限
所得控除 (寄付金額 - 2,000円)× 所得税率
※ 寄付金額は年間総所得額の40%が上限

※ 確定申告に必要な「証明書(写)」と「寄付金領収書」は、本学園より送付いたします。
※ 確定申告に係る詳細は、最寄りの税務署にお問い合わせください。

2. 法人の場合

法人様から本学園への寄付金は、法人税法に基づいて当該事業年度の損金に算入することができます。損金算入の方法は、以下のいずれかを選択することができます。

制度 損金算入限度額
特定寄付金 (A + B)× 1/2
※ A = 期末資本金および期末資本積立金の額 × 事業年度月数 ÷ 12カ月 × 0.375%
※ B = 寄付金支出前の当期所得金額 × 6.25%
※ 上記限度額を超えた金額は、一般寄付金の損金算入限度額まで損金に算入できます。
受配者指定寄付金 寄付金の全額
※ 法人様からの寄付金をいったん日本私立学校振興・共済事業団(以下「事業団」)が受入れた後、事業団から寄付者の指定した学校法人(本学園)に配付される制度です。
※ 損金算入手続きに必要な事業団発行の「寄付金受領書」は、本学園を経由して送付いたします。
※ 諸手続の関係上、ご入金から受領書の発行まで約2ヶ月程度のお時間が必要ですので、当該決算日近くにご寄付をお申込みの場合はご注意下さい。

お問い合わせ先

学校法人 野又学園 法人本部事務局 経理部 経理課
〒042‒0942 北海道函館市柏木町1番60号

TEL:0138-33-2800 / FAX:0138-33-2020
E-mail:honbu@nomata.ac.jp