学校法人 野又学園
はじめに 各校のご案内 野又学園からのお知らせ 寄付をお考えの方へ
入学を希望される皆様へ 各校所在地マップ 情報公開 お問い合わせ
TOPページへ
TOPページ > はじめに > 建学の精神
入学を希望される皆様へ
理事長メッセージ
建学の精神
学校訓
ヒストリー

はじめに

建学の精神


知・情・意の円満にして高度に発達した人材を育成

本学園は昭和13年に創設され、開校以来、全人教育を目標とし、「学園訓3ヵ条“報恩感謝”“常識涵養”“実践躬行”を具体的信条として、知・情・意の円満にして高度に発達した人材を育成することを目的」(学校法人野又学園寄附行為第3条)として教育を行ってきました。

創立者 野又貞夫(1901〜1976)
創立者 野又貞夫(1901〜1976)
建学の精神について、創立者野又貞夫は次のように記しています。

「惟うに真の学問とは言うまでもなく知・情・意を円満にして而も高度に発展せしむることである。従って学問と徳性とは別々に考えるものでなく不離一体の関係にある。徳性の涵養を離れた学問はなく、学問とはあくまでも、知・情・意の総合的体得に外ならない。

換言すれば学問とは信の一字につきる。信は真に通じ「かの天に斗あるが如く人は信を常とすべし」の古語にある通り、天空の道しるべは斗である。
即ち星であるが如く人間生活の道標は実に信の一宇に要約されている 。

こうした意味に於いて、本学園訓の3ヵ条たる報恩感謝、常識涵養、実践躬行の終局的発展は真の学問追究を意味しているのである。」(野又貞夫著『解道自楽』より)


本学園の建学の精神は、創立者が記した意味の「学問」を通じて、人はすべからく職業教育を受け、立派な専識を持ち、地域社会に貢献し得るような人材の養成にあります。

この建学の精神は普遍的なもので、現代の私たちも共感できるものになっています。

学校での勉強は、知識や技能を覚えるだけではありません。どのような人も、いずれ社会に出て、他者との関わりの中で生きていきます。社会で生きる力とは、「徳」すなわち「自分の気持ちにまっすぐに生きる力」を身につけることです。徳を身につけないならば、どのような高い能力を持ったとしても、自分の人生に満足することはありません。

この「徳」はどのようにすれば身に付くでしょうか。本学園の建学の精神では、この「徳」をより身近に言い換えると、「信」すなわち「信頼される人間になること」となります。

自分の気持ちにまっすぐに生きている人間は、裏表なく、わかりやすく、人から信頼されるものです。なので、人から信頼されるような人間になることは、徳を身につける方法の一つです。

徳を身につける方法は他にもあるかもしれませんが、「信頼される人間になること」こそが「真実」であり、「信」を目指して人生を迷い無く歩んでいくことが、幸せな人生を送る方法であると、本学園の建学の精神は説いています。この「信」を得るための具体的信条が、学園訓3か条となっています。


ページのトップへ↑


Copyright © 2015 学校法人 野又学園 All Rights Reserved. 個人情報保護方針