事業報告書

下記リンク先は全てPDFファイル形式となっております。
PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

平成29年度事業報告書

平成28年度事業報告書

監査報告書は当初5月23日開催の理事会、評議員会へ提出しましたが、その後監査法人から決算についての 修正を求められたことから、修正後の決算に関する監査報告書を6月26日開催の理事会、評議員会へ提出しております。

平成27年度事業報告書

自己点検評価報告書

平成28年度 自己点検評価報告書

耐震化率

  • 函館大学100%
  • 函館短期大学100%
  • 函館看護専門学校100%
  • 函館歯科衛生士専門学校100%
  • 函館短期大学付設調理製菓専門学校100%
  • 函館大学付属有斗高等学校100%
  • 函館大学付属柏稜高等学校100%
  • 函館短期大学付属幼稚園100%

一般事業主行動計画

学校法人野又学園における次世代育成支援のための行動計画

学校法人野又学園では、次世代育成支援対策推進法の規定に基づき、教職員が仕事と子育てを両立させることができ、全ての教職員が働きやすい環境をつくることで、それぞれの能力を十分に発揮できるようにするため、次のとおり行動計画を策定しています。

1.計画期間
平成29年 4月 1日~平成34年 3月31日まで
2.計画内容
  • 目標1産前産後休業・育児休業・育児短時間勤務制度の周知を図る。
  • 対策教職員が常時閲覧できるイントラネット環境を通じて関係規程を周知する。
    また、取得予定者には必要に応じて説明するなど、安心して制度を利用できる環境づくりを行う。
  • 目標2年次有給休暇の取得促進と所定外労働時間の削減を図る。
  • 対策
    • 風邪や体調不良などの理由による有給休暇の消化ではなく、業務の繁閑等を利用した年次有給休暇の計画的かつ有意義な利用を推し進める。
    • 管理者による時間外労働の指示・管理の厳格化を図る。また、過重労働が懸念される教職員がいる場合には、業務体制の見直しを行う。

不正防止について

函館大学・函館短期大学における公的研究費等の不正使用防止について

学校法人野又学園では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」 (文部科学省 平成19年2月15日 決定,平成26年2月18日 改正)を踏まえ、本学園設置校である函館大学・函館短期大学における公的研究費等を適正に管理運営し不正使用等を防止するための体制整備等について、 以下のような取組みを進めることとしました。なお、今後の運用を通じて、より実効性のあるものになるよう見直しを行い、よりよい体制整備の構築等に努めてまいります。

函館大学・函館短期大学における公的研究費等の不正使用防止対策に関する基本方針
公的研究費等の不正使用
防止対策に関する基本方針PDF(0.2MB)
函館大学・函館短期大学における公的研究費等の不正防止体制図
公的研究費等の不正防止
体制図PDF(0.3MB)
函館大学・函館短期大学における公的研究費等の不正防止計画
公的研究費等の不正防止
計画PDF(0.2MB)

研究活動上の不正行為告発・通報窓口

学校法人 野又学園 法人本部事務局 総務部 総務課
〒042‒0955 北海道函館市高丘町51番1号

TEL:0138-57-1385 / FAX:0138-57-1330
E-mail:honbu@nomata.ac.jp

※通報等の取扱いについては、「学校法人野又学園公益通報者保護規程」を準用します。